野菜宅配が選ばれる5つの理由


野菜の宅配が流行る背景

野菜は人の健康維持において重要な役割を担っています。最近では健康志向の高まりや、2011年の東日本大震災を機に「食」を改めて見直す流れが生まれました。それでも、普段の食生活では必要な栄養量の6割前後しか摂取出来ていないとうデータもあります。

そんな中、注目を浴びているのが野菜の宅配サービスです。野菜の宅配サービス自体は以前からありましたが、最近では各サービスとも様々な工夫をしよりよい野菜を届ける努力をしています。
野菜の宅配がここまで受け入れられるようになったのには理由があります

野菜宅配が選ばれる5つの理由

※サービス各社によって多少の差異はあります

・重たいものを玄関先で受け取れる

もともと野菜宅配サービスは、気軽に買い物に行けない方のために提案されたサービスです。サービスを利用すると玄関先までドライバーさんが届けてくれます。野菜を10種類とか詰め合わせになると、内容にもよりますが結構な重さになります。

・好きな時間に受け取ることが出来る

忙しい私たちにとって、荷物を受け取ることが出来る時間は限られています。オイシックスパルシステムでは日時、時間を細かく指定できるので宅配のためにスケジュールを調整する必要がありません。
※「らでぃっしゅぼーや」は指定の曜日、時間のお届けでした。

・色んな野菜を摂取出来る

普段買い物をしているとついつい同じような野菜を買ってしまうことありませんか?
結論から言うと、色んな野菜を食べることをお勧めします。宅配はらでぃっしゅぼーやの様に品目を細かく指定することも出来ますが、基本は季節の旬のものが「強制的」に送られてきます。重複あるにせよ年間150品目の野菜を食べることが可能です。

・スーパーなどより圧倒的においしい

野菜を宅配で届けてもらったことがある場合、近所のスーパーで届けてもらう野菜と全く違うことに気が付きます。オイシックスやらでぃっしゅぼーやなどはそれぞれの基準を満たした契約農家の野菜を野菜セットに詰めています。更にマイファーマーは一歩進んで農家直送を仕組みで実現しています。
※「やさい便」はクオリティは?でした。地方の八百屋から送ってもらう意味ないです

・経済的

人の時間は有限です。スーパーへの行き帰りの「時間」だったり、お店で悩んでいる「時間」や衝動買いしてしまうことなど、スーパーでの買い物を考えると結構見えない時間と金銭のロスが多いことに気が付くと思います。

都会で生活する人のニーズに応えるために誕生したのが野菜宅配サービス上手に使いたいです。